リンク

あうんの仲間たちへのリンク

反貧困ネットワーク

貧困問題解決のために、さまざまな諸団体との連携の下、(1)当事者のエンパワーメント、(2)学習会・イベント・ホームページなどを通じた社会的問題意識の喚起、(3)政・官・財各界への働きかけ、(4)その他の活動を行っていきます。

人間らしい生活と労働の保障を実現し、貧困問題を社会的・政治的に解決することを目的としています。

フードバンク

支援者からのお米を中心とした食材を野宿者、生活困窮者へ提供している団体です。

隅田川医療相談会

毎月第三日曜日に野宿者を支援する団体が共同で行っている無料の健康相談会。場所は隅田川沿い(台東区側)の隅田公園内にある「つき山」で共同炊事と同時開催しています。毎回400名前後の野宿者や元野宿者、医療従事者、支援者、学生などが集ります。薬の提供や継続した治療が必要な場合は、医師による「診断書」を出し、生活保護による医療機関への入院を援助しています。

今後、入院した方の訪問活動なども手がけていきたいです。08年12月にはレントゲン検診車を出して、アスベスト災害や結核検診も実施しました。あうんのスタッフも荷物を運んだり、無料の散髪をしたりと積極的に関わっています。

 

薪の会

主に山谷周辺で野宿者支援活動をしている有志による集まりです。
それぞれの団体の枠を超えて、排除を生み出す社会をもう1度見つめなおし、私達がどんな社会の中で生きているのか、色々な立場の人達と出会い、学びあい、そして社会に発信していけるような取り組みを作っていけたらと思います。

 

NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

自立をめざす生活困窮者の新たな生活の再出発をお手伝いします。 生活困窮者のためのサロンや交流事業、生活相談、入居支援事業を行っています。

ほしのいえ

ほしのいえでは労働者と私たちとの平らな関係、お互いの自己の回復と自立をはかること、山谷からの視点で、社会的に不利な立場に置かれた人々の生活や人権を守るための連帯を大切にすることを目的に活動しています。毎週火曜日に夜回りと炊き出しを行うほか、作業所を開いています。

ホームレス総合相談ネットワーク

ホームレス状態にある方たちへの法的支援を行うため、2003年2月に結成された弁護士や司法書士を中心としたグループです。

IMA(いま)緊急シェルター

主に東京周辺の野宿者・ドメスティックバイオレンス被害者・外国人労働者らの生活困窮者を対象に、一時避難のためのシェルター(宿泊場所)を確保する活動をしている民間の非営利団体(NGO/NPO)です。行き場をなくしてしまった人たちが、一時的に身を落ち着け、次のステップに進むためのお手伝いをしています。

JFSA

古着を素材に、日本、パキスタン双方の自立を目指した事業連帯。スラム地域の子供達の教育支援などを行っています。

有限会社 ユーズライフサービス

松戸市を中心に、地域のネットワークを活用し、便利屋事業を手掛けています。



企業組合あうんHPはこちらのイラストを使用しています

http://kids.wanpug.com/